| Main | All |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
フィギュアの顔(油彩編)
こんばんは!
今回は私のフィギュアの顔の塗り方をつらつらとUP致します。

長くなるので続きからドウゾ
FuMaちんの記事に合わせてSAFSのオヤッサンを塗ります。

ちなみに1/20も1/35も基本は同じ手順でやってます。

使用している筆はBUNSEIDOUの「WOODY FIT」とタミヤの柄が黒い筆がほとんど。
WOODY FITは柄が太いので僕はコントロールしやすくて気に入ってます。


まず使用した色。
画像 002
右から
ジンクホワイト、カドミウムイエロー、バーントシェンナ、イエローオーカー、クリムゾンレーキ、セリリアンブルー。

①最初にグレーのサフをさっと吹いてラッカーのサンディブラウンに白を足したもので下塗りします。
画像 001
なるべく塗膜は薄いほうが良いのでここはブラシ推奨です。


②次に油彩のバーントシェンナとイエローオーカーを混ぜて顔に塗ります。
画像 004
別に全体に塗る必要もないんですが、
塗り残しがないように塗っておいて損はないかと思います。

③乾いた綿棒で②の茶色を拭いていきます。
画像 005
画像な感じまで拭きますが、ここで注意するのは乾いた綿棒を使うこと。汚れたらこまめに変えたほうが吉。

④ジンクホワイトと極少量のカドミウムイエローを混ぜてクリーム色を作ります。
画像 006

これを顔の凸部、主にTゾーンと頬、顎の輪郭などに「点」で置いていきます。この点はホンッッッットに少しずつ置いていきます。
画像 007


⑤④で置いた油彩をこれまた「乾いた」筆で「点を潰して」暈していきます。
画像 008
この時「塗る」筆運びは避けます。


⑥④で作ったクリーム色にさらに白を足していき、油彩を置く範囲をより明るくなる部分にしていきます(狭くしていく)。
そして⑤の作業を繰り返します。
画像 010
画像で見ると油彩が乾いてないんで表面がエライ事になってますが気にせず進みます。


⑦クリムゾンレーキを頬骨の下辺りに極微量、セリリアンブルーを顎のラインに極微量乗せて暈します。
赤は顔の赤み、青は髭剃り跡ですね。
画像 012
この後白目、瞳を入れて完成。乾燥は数日待ってもヨシ、ラッカークリアで強制乾燥させてもヨシ(僕は後者w)。
こんな感じで塗っております。

ファレホが明→暗→明→・・・と塗っていくのに対し、油彩は最暗色からハイライトを足していく感じです。
仕上がりは「劇画」というか舞台化粧のような感じになります。キャッツみたいなww

注意点としては、顔に置いた油彩同志で混ぜて暈しあうので、筆を洗ったりした際はなるべく溶剤成分をしっかり乾かします。

読みにくい文面、ややボケな画像で分かりにくいかとは思いますが、こんなんで参考になりますでしょうか?
スポンサーサイト
未分類 | comment 6 | trackback 0 Top ↑

Comment

私は油彩は使ったことがないので凄く参考になりました。

出来れば白目と瞳を塗る部分の説明を詳しく聞きたいです。
どうもそこがうまくいかないんですよ。
人形は目が命ですからね。
油彩での顔塗装工程とても参考になりました♪
何度も読み返してイメトレしてます(笑

やはり自然なグラデーションを形成するにはとても有用ですね。
また、その自然な暈し具合を使用しての「頬の赤み」「髭跡の青み」は私が普段使用しているファレホですと一手間加えないと難しい為、油彩使用の際には是非参考にさせて頂きたいと思います。

コメントありがとうございます!

少しでも参考になれば幸いです。って僕もまだまだ未熟なんですけどねw

> 出来れば白目と瞳を塗る部分の説明を詳しく聞きたいです。
> どうもそこがうまくいかないんですよ。
> 人形は目が命ですからね。
うっ…実は自分も目があまり得意じゃないのでサラーっと流したんですが、
やっぱりダメですよね?(笑)

敷いて言えば息を止めてスーッと白目塗って、ツンと瞳を書いてます。w
コメントありがとうございます!

参考になったなら良かったっす。イメトレ頑張ってくださいね(笑)

> やはり自然なグラデーションを形成するにはとても有用ですね。
自分はグラデは自然になりますが、自分の好みでハイライトをキツ目入れてるので、
かなり厚化粧な感じになってます。

> また、その自然な暈し具合を使用しての「頬の赤み」「髭跡の青み」は私が普段使用しているファレホですと一手間加えないと難しい為、油彩使用の際には是非参考にさせて頂きたいと思います。
頬や髭剃り跡はファレホでもクリア吹いてから油彩の赤やら青置いてボカせば出来そうじゃないっすかね?
おてもやんにならないようにお気を付けて~( ´ ▽ ` )ノ
おじゃまいたします。
ほう~~。なるほど~~なかなかいい面構えの出来る塗装技術ですね。
眉間のところに赤をちょっと差しをいれてあげる程度でグッっと立体感がでますよ。
コメントありがとうございます!遅レスで申し訳ないです(汗)

> ほう~~。なるほど~~なかなかいい面構えの出来る塗装技術ですね。
> 眉間のところに赤をちょっと差しをいれてあげる程度でグッっと立体感がでますよ。

お気付きかとは思いますが、このやり方は中須賀さんの丸パクリでございます(´Д` )
まぁ真似ても全然レベルが違うんですけどねw

Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。